>

就活に対して持っていたほうが良い資格

強いアピールになる資格検定

この記事をシェアする

日商簿記検定

仕事に関する資格と言えば簿記、というぐらいあまりにも有名な資格「日商簿記検定」。企業での財務業務や経理に携わるなら必須なのはもちろんのこと、企業内でのお金の流れを知ることが出来ます。経理業務だけでなく、責任者になった際にも有用な資格でしょう。
簿記の3級ぐらいでは、合格者もとても多いので、例え履歴書に書いてもあまり評価の加点にはなりづらい場合が多いです。2級から合格者は少なくなり、多くの企業で評価されるようになります。1級では狭き門。大幅なキャリアアップが狙えます。
また、日商簿記検定自体は民間資格ではありますが、公認会計士や税理士などの国家資格との相性がよく、これらの資格取得、及び就職に置いて大きな手助けとなります。

TOEIC

現代では多くの企業においてグローバル化が進み、海外との交流が盛んになっている為、英語力を持っていることは大変な利点となります。その能力の証明となるのがTOEICです。
基本的には必須ではありませんでしたが、最近ではTOEICで高得点を取っていることが応募条件となっている企業なども出始めてきているようです。
基本的には600点以上は最低ライン。仕事で英語を使う企業であれば、700点以上。外資系であるならば、800点以上が就活で有利に働く点数であると言われています。
また、英語能力を示す資格で言えば、英検、TOEIC、TOEFL、IELTSがありますが、その順に知名度があり、同時にその順に難易度が低くなります。そのため、英検はあまり就職で有利に働きづらく、TOEICの高得点かTOEFLが最も有用でしょう。